物販は1人で行く場所じゃない

岡本信彦さんのライブで時期は九月のグッズ販売の体験談です。
MENU

物販は1人で行く場所じゃない

体験者のプロフィール

21歳女性で専門学生です。

 

趣味は読書やソーシャルゲーム、音楽鑑賞などです。

 

ソーシャルゲームは大体常に3~4個入っています。

 

参加したグッズ販売・時期

岡本信彦さんのライブで時期は九月でした。

 

グッズ販売の体験談

とにかく女の子の長蛇の列でした。

 

いわゆる痛バと言われる見てて痛いバッグなどを持っている人がたくさんいました。

 

岡本さんのゆるキャラバッチや、キラミューンというグループのバッジ、岡本さんが演じていたキャラのキーホルダーなどがたくさんついた鞄を持った女の子たちが開店五時間前くらいには長蛇の列を作って並んでいました。待っている間は、ひたすらツイッターと友達とLINEして、ソーシャルゲームを開いてスタミナ使ってを繰り返していました。

 

ただ途中充電がなくなる心配も出て来たので、後半は持ってきた本を読むことにしました。

 

ところが途中雨が降ってきて本が濡れそうだったので、ひたすら茫然としていました。傘と食べ物です。

 

地方から横浜まで夜行バスで東京経由して行ったので気温や天気も全然違って、さらに道に迷う心配があったのでコンビニとか寄る余裕もありませんでした。

 

とりあえず会場に行って場所を確認してから近くで買おうと思っていたのですが、行ったら既に並んでいたらめ、これは買いに行っている場合じゃないとそのまま並びました。

 

その結果雨と空腹に襲われ風邪ひく勢いでした。決して効率は良くないと思います。もっと回転率をあげてほしいと思いました。
でもやはり物販は1人で行くべきではないと思います。

 

左右前後の人たちが楽しそうに会話する中自分は黙々とスマートフォンをいじり、聞こえてくる会話の内容を理解し語り合いたいのをぐっとこらえて6時間くらい待つのは途方にくれます。

 

そして1人だったのでお腹空いたときにご飯を買いに行けないのはもちろんですが、トイレにもいくことができませんでした。
パシフィコだったので海が近く、風も冷たい中雨が降っていたので本当に寒くて前の人の傘の雫が肩にかかったりして体の芯から冷え込みました。

 

その際にトイレに行きたくなったりもしましたが、抜けたら全て意味がなくなるととにかく我慢していました。

 

だから私は物販で買い物を済ませた瞬間一番最初に走ってトイレに行きました。

 

その後昼食を取りに行ったわけですが、どこも人で埋まっていました。

 

近くに飲食店があったのですが、どこも岡本さんのライブに来た女の子たちで埋まっていてそれも、みんな場所取りとオーダーに分かれているので席の確保も注文もできない私はとりあえず波が治まるのを待っていました。

 

ある程度みんな食べ終わって席を外したころに食べ始め、ライブギリギリで過ごすことにしました。
とにかくサバイバルでした。

このページの先頭へ